トップページ > 看護師転職コラム「看護師の転職は慎重に」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師転職コラム

  • 看護師の転職は慎重に

看護師のみなさんが転職したいと思ったからには、何かしら理由があるはずです。たとえば「人間関係に悩んでいる」、「看護師長と気が合わない」、「勤務シフトが平等じゃない」、「給料が低い」、「プライベートな時間を増やしたい」、「休みを取りにくい」と言ったことかもしれません。

それぞれにいろいろな理由があると思いますし、理由は一つではなく、複数の問題が絡み合った結果、「だったら転職しよう!」という結論に達したのかもしれません。

しかし、そこで一旦冷静になって考える必要があります。

転職は、あくまで解決策の一つにしか過ぎません。「現状打破=転職」ではなく、あくまでも、問題を解決するための、いくつかある選択肢の一つなのです。

たとえば、病院を変えなくても、別の診療科、部署への異動を希望することで人間関係の問題は解決するかもしれません。

担当科が変われば、新しく学びとるものもたくさんあるでしょうし、病院の教育制度を利用して専門看護師や認定看護師の勉強にチャレンジすることもできるかもしれません。

かつ、そうした資格を取得することで、給料が上がる病院は多くあります。

あるいは、もう少し働き続ければ退職金をもらえるようになる可能性もあります。

逆に、転職によって職場を変えたとしても、すべてにおいて元の職場よりも条件が良くなるとは限りません。

転職したい!と思ったら、まずは、今の職場の良いところ、悪いところ(変えたいところ)をリストアップしてみてはいかがでしょうか?

次に、転職することのメリット(改善できること)、デメリット(悪くなる可能性があること)を書き出してみましょう。

そうやって書き並べてみると、今すぐ転職すべきかどうか、客観的に判断する材料にすることができます。

参考になさってください。


それでも転職したい!と思ったら。

>>>最新の看護師転職・ナース転職サイト比較ランキングはこちら


目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する