トップページ > 看護師・ナースの基礎知識「看護師と患者や家族の関係」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師・ナースの基礎知識

  • 看護師と患者や家族の関係

病院等で医療職同士で会話をする時開か長くなると、自分が医療用語を頻繁に使用しているということを忘れてしまいがちです。

「ステート持ってきて!」は「聴診器を持ってきて」という意味ですし、医療現場で「BSチェックした?」というと「血糖測定をした?」という意味になります。

これを一般の方が聞けば「仕事中にテレビのBSの話をしているのかなあ?」ですとか、会計や税理士の方が聞けば「貸借対照表(バランスシートのことで会計の業界ではBSと略す)のチェックなんてどうして医療現場でしているんだろう?」と思うかもしれません。

看護師は仕事も忙しく、休みも交替勤務によって土日が確実にお休みということもありません。不規則なお休みでは医療職以外の方と休日を過ごすことが少なくなり、休みの日は医療職同士でディズニーランドなど遊びに行くことも多いようです。

そうするとますます、仕事でも休日でも会話は医療職同士だけで、いつのまにか、何が医療用語であるのかを忘れてしまうことにもつながります。

すると、患者さんや家族に、病気や入院中の説明をするときに、気づかない間にスルスルと医療用語を連発してしまいます。説明しているほうは理解できても、患者さんや家族は説明を間違って理解してしまうリスクにつながるのです。

最近では、説明したことが理解できたら署名をしてもらったり、理解していただいたかを質問をして確認することもあるようですが、全ての会話においてこうしたことがなされるわけではありません。したがって、病棟で患者さんと最も多く会話をする機会がある看護師が、ついつい医療用語で説明したことが患者さんや家族の誤解を生んでしまうケースもあります。

また、文字にすれば分かるようなことでも、耳で聞いただけではわからない場合もあります。たとえば「あすがらきんいんしょくです」(明日から禁飲食すなわち何かを食べても飲んでもいけないという意味)と当然のように看護師が言ったので、患者さんは「みんな当然知っていることなんだろう」と思うと質問するのも恥ずかしくて、意味が分からないまま「はい」と言ってしまった。

後から看護師が禁飲食というカードをベッドサイドに置きにきてくれたので、字を読んで意味が分かったというケースがあります。患者さんはこの力−ドが来るまで、もう一度確認した方がいいのか?それとも放置していていいのか?聞いて馬鹿にされないか?など不要な心配をすることになります。

無用な心配を患者さんに起こさせてしまうのは、看護師としても不本意であるはずです。しかし看護師の方も無意識に発してしまった言葉ですので、こうしたことが起こる可能性があると知っておく必要があります。

「自分は医療用語を使っていない」という看護師も、医師や看護師同士で話をするときは無意識に使用していると思いますので、その延長線上で患者さんや家族と話をしていてもおかしくはありません。まずは意識的に自分は看護師であり、医療用語を頻繁に使っているのだという自覚を持ち、その上で、患者さんの反応をみながら、医療用語を使用していないかと自問自答して会話をするとよいでしょう。

参考になさってください。


看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>看護師転職・ナース転職サイト比較ランキング


看護師・ナースの基礎知識

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師・ナースの基礎知識

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する