トップページ > 看護師・ナースの基礎知識「看護師の積極的傾聴法」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師・ナースの基礎知識

  • 看護師の積極的傾聴法

前回のコラムでは、二つの優れたコミュニケーション方法をご案内しました。最初は、「積極的傾聴法(アクティブーリスニング)」というカウンセリングを応用した方法です。

二つ目は対人関係の中で相手に好印象を与えながら仕事を進めていくために理解しておくと便利な、話の順序や提案の仕方などについて行動科学を応用した方法です。

それでは積極的傾聴法(アクティブーリスニング)とはどんな方法でしょうか。

これは非指示的カウンセリングの提唱者である力−ル・ロジャーズが提案した方法です。といってもそんなに難しくはありません。原理はクライアント(患者さん)の話を、患者さんが本当に伝えたいと思っている内容をその通りに聴いてあげる、ということです。

このとき、患者さんの話に相づちを打って、患者さんの話をスムーズに進めるわけですが、その際の基本原則は、「クライアントの気持ちに共感する」ということで「同情することではない」ということです。

もう一つは「クライアントが抱えている問題を取り上げない」ということです。例としてあげるのは、ガンで余命5力月と診断されたAさん“男性”と看護師Bさんの対話です。

Bさんは、Aさんの気持ちに共感しています(寂しい)。しかし、Aさんに同情をしてはいません(同じ気持ちになって感情を共有すること)。

あくまで、Aさん自身が寂しいと感じていることを事実として受け止めているのです。もし、BさんがAさんに同情して、「Aさんは本当に不幸で可哀想な人ね」などと言ったら、Aさんは、自分で電話を娘にかけるといった行動は取らなかったでしょう。

不幸の泥沼にますます入り込んでしまいます。また「私が電話をしてあげましょうか」といった対応をすると、話し手の問題を取り上げてしまい、Aさんの前向きな気持ちに水をさすことになります。

Bさんが、Aさんの気持ちの奥にある「寂しさ」という感情に共感してあげたから、Aさんはその寂しさを自ら確認して自分で解消する方法を取ろうとしたのです。

このようにクライアントの真の気持ちに対応して共感するのが、積極的傾聴法です。

クライアントが言った言葉をそのまま受け入れてしまうのではなく、その下にあるクライアントの気持ちそのものを聴いて確認してあげると、クライアントは、自分の問題に気づいて、Aさんのように、自分から問題解決の方法を取ろうとします。

しかし、言ったことの底にある気持ちをすくいあげるのはなかなか難しいので、相手の言ったことをそのまま繰り返して、相手に返してあげるのも一つの簡便な良い方法です。Aさんの言葉を繰り返して、「ガンで長くは生きられないと思っているのね」という方法です。

同情は相手についてこちらが感じることですが、共感は相手と共に感じることです。相手を尊重して、責任を持って聴くことで、相手の考えや気持ちを相手の立場に立って理解することができます。そしてそういった態度で聴いてあげることで、クライアントは自分から解決策に向かうエネルギーを獲得するのです。

人が他人とコミュニケーションを取るのは、相手に自分が伝えたい意味を理解してもらいたいからです。積極的傾聴法は、相手が伝えたい意味を確認してあげる方法です。

子どもがよく親に対してぐずるのは、なにか親に自分の気持ちを伝えたいからです。親は子どもの様子を観察して、本当は何を伝えたいかを理解し、それを子どもに返してあげる。そうすると子どもは、親に伝えたいと思っていることが伝わったので、次の段階へ移ることができます。

たとえば、何かの理由で幼稚園に行きたくない子どもは、ぐずぐず準備をしたりお腹が痛いといったりします。幼稚園へ行きたくないのだな、と察した親は、責めたり急がせたりしないで、「Yくん、今日は幼稚園に行きたくないのね」と言います。すると親に伝えたい本音の気持ちを理解してもらったYくんは、「そうなの。だって、―」というように、Yくんが抱えている、幼稚園へ行きたくない本当の理由を伝えるかもしれません。

積極的傾聴法は、話を聴いてあげることで、話し手が自分の状態を受け入れて、自ら問題解決へ向かおうとする姿勢を引き出します。その意昧で看護師が患者さんの話をうまく聴くことができれば、患者さんの助けになり、場合によっては、治療面でも良い効果を生む可能性もあります。

参考になさってください。


看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>看護師転職・ナース転職サイト比較ランキング


看護師・ナースの基礎知識

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師・ナースの基礎知識

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する