トップページ > 看護師・ナースの基礎知識「看護師のキャリアプランとは」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師・ナースの基礎知識

  • 看護師のキャリアプランとは

心理学者のエドガー・H・シャインが提唱するキャリアアンカーは下記の5つに分類されます。

『キャリアアンカーの5つの分類』

1.「管理能力」:組織の中での役割を望む

2.「技術・機能的能力」:自らの専門性が高まる

3.「安全性」:1つの組織に長く属したい

4.「創造性」:新しいことを生み出すこと

5.「自律と独立」:独立すること

キャリアアンカーは何か? ということを上記5つに当てはめて考えてみることで、個々の譲れないポイントを中心としたキャリアデザインを作成、実践、検証、再作成していきます。

これがキャリアデザインのポイントです。

そこで、看護師におけるキャリアデザインとは何かということを考えていきたいと思います。

看護師にはいくつかのキャリアがあります。そこまでのルートをわかりやすくお伝えする中で、自分にとってキャリアアップになる方法を見つけ出していただきたいと思います。

キャリアアップをするためにも、自らの希望をもとにプランを立てていく必要があるでしょう。

1年後、5年後、10年後どのような看護師になっていたいかということでもあり、それは概念的に「仕事ができる看護師」というものではなく、資格や昇進など形がハッキリとしているものをさします。

まず看護師にはどのようなキャリアがあるのかを考えてみたいと思います。いくつかのキャリアの中で、自分はどのキャリアに興味があるのか、その中でどのようにプランを立てていけばいいのかを考えてみてください。

看護師になる!と思ったらまず看護師養成校へ行く必要があります。

同じように看護師になってから、どのようなキャリアをつみ、キャリアデザインを構築していくのかが重要です。今回は全てではありませんが、代表的ないくつかのキャリアについて紹介していきます。一気にまとめると少なくともこれだけの分野があるということがわかります。

1.病院、施設(専門看護師、認定看護師、特定看護師、ナースプラクティショナー、管理職)

2.学術(教育・研究)

3.企業(起業・勤務)

4.社会活動(国内・海外)

5.政治(国・地域)

6.行政(厚生労働省・地方)

7.保険師活動(地域・企業)

8.助産師活動(勤務・開業)

これだけでもたくさんのキャリアがあるということが分かってもらえたと思いますので、ここからは一つずつ説明してきます。

参考になさってください。


看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>看護師転職・ナース転職サイト比較ランキング


看護師・ナースの基礎知識

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師・ナースの基礎知識

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する