トップページ > 看護師・ナースの基礎知識「看護師のキャリアプランまとめ」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師・ナースの基礎知識

  • 看護師のキャリアプランまとめ

ここまでご紹介してきたキャリア以外にも、看護師資格を活かしながら無農薬野菜を提供する農業を行ったり、飲食店で疾病に合わせた食事などを提供する看護師がいます。

看護師はアルバイトの欄でも紹介したように、さまざまなキャリアを積むことができる仕事です。

一方で、きちんとしたキャリアプランを持っていないと、何かあるごとに次々と職場を変わり、いざ資格を取得したいとき、経験年数として加算できないようなキャリアを積んでしまうという危険もあります。

現在、看護系の大学などではキャリア開発の授業も組み込まれ、看護師のキャリアを学生のうちから考える学校も出てきています。

一方で、同じ看護師養成校でも専門学校などでは、カリキュラムもタイトなことから、卒業後のキャリアまで授業に組み込むことができないという学校があることも事実です。

就職してから数年して、看護師としてこのままでいいのかと悩み、5年後、10年後のキャリアを考える前に、まず辞めてしまおうという人がいるのも事実です。

安易に転職してしまっては、せっかくのキャリアもきちんと形成していくことができなくなる可能性がありますので、まずは、自分がどんな未来像を持ち、看護師としてどのような経験を積んでいく必要があるのかを考えましよう。

紹介した資格の中には、臨床経験5年以上必要なものもあれば、看護の経験があるからこそ求められるという仕事もあります。

最近では、看護師専門の人材紹介会社も多数あり、病院や施設など看護師を必要としている求人がたくさん集まっています。

一方で、こうした紹介会社の中には、「高額の給料がもらえる!」「転職支援金が支給される!」などの広告を行っているところもあります。

なぜ、その施設で高額給料が支給できるのか?転職支援金とはどのようなものなのか?などよく考えると、一時的な金銭だけに惑わされ、就職先を決めることがいかに危険かということも考えられます。

もちろん、自分のキャリアプランに合った紹介先で、なおかつこうした条件が加えられている場合であれば、問題がないかもしれませんが、看護師の生涯賃金は、人事院で決められているものから大きくかけ離れている場合、少し慎重に行動したほうがよいかもしれません。

まず、興味がある資格、看護師としての将来像を考え、そこに到達するまでにどのような経験や学習を積む必要があるのか図にしてみましよう。

将来のプランに合わせた就職先を選んだり、転職する前には、プランに支障が出ないのかを考えた上で行動することが望ましいといえます。

看護師は全国どこに行っでも、今のところ就職先に困るということはほとんどありません。

だからこそ、条件だけで就職先を決めることなく、自らの将来をきちんと考えたプラン作りが可能なのです。

これは、就職難の現代でとても大きなアドバンテージであります。

多くの人が会社の事情や社会情勢によりリストラにあう可能性もある中で、看護師は自分の希望を中心にキャリアプランを形成できるわけです。

一般には、どんなに進路を変更したいと思っても、プラスの資格を取得したいと思っても、なかなか踏み出すことができない世の中ですが、看護師はこのアドバンテージを有効に活用し、ぜひとも実りあるキャリアプランの形成をしていただきたいものです。

参考になさってください。


看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>看護師転職・ナース転職サイト比較ランキング


看護師・ナースの基礎知識

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師・ナースの基礎知識

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する