トップページ > 看護師・ナースの基礎知識「看護師が転職をすると何が起きる?」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師・ナースの基礎知識

  • 看護師が転職をすると何が起きる?

転職をすることで失う利益があることを忘れてはいけません。転職をしない方が生涯賃金が高くなるということをお伝えしました。

しかし、転職をしてキャリアアップをしたいという場合や、何か職場を新しくしたいと漠然と思って辞めてしまうことがあるかもしれません。

実は転職理由に多い「人間関係に嫌気がさして」ということの裏には、案外陥リやすい結果が潜んでいることがあります。人材紹介の広告や突発的な感情に流されない転職であればいいかもしれませんが、事前に転職をしたときに起こることを知っておくことで、転職に対する意識を安易なものとしないでいただきたいと思います。

先ほどはキャリアプランについて慎重に考える必要性について説明しました。ここでは、転職か決意し、実際に転職をしたあとに起こる可能性について紹介します。

転職した看護師からよく聞かれることは「前の病院と○○が違う」ということです。これは当たり前のことでもありますが、○○の中には、ルール、処置方法、申し送りの有無、記録、管理体制、就業時間、感染対策、サービスなどさまざまな言葉が入ります。

勤務先が違うのですから、細かな違いはあって当然なのですが、やはり最初に就職した先で行ったことが非常に根強く残ってしまい、次の職場で直ぐになじむことができないことも多いようです。

大学病院に5年間勤務していた看護師の例です。同僚が次々と辞めてしまい、主任にならないかと師長から声をかけられ、「管理職にはなりたくない」「このまま病院に居たら管理職になってしまう」と慌てて病院を辞めてしまいました。

その後、管理職には当面ならないことを条件に、100床程度の民間病院へ転職したのですが、そこでの教育体制、ディスポ(使い捨て)製品の取扱いなどがあまりにも大学病院と違っていることで、新しい病院になじむことができず、次の転職先を探すことになってしまいました。

この事例は特別なことではなく、以前勤務していた病院との違いを引きずることで、いつまでも新しい職場になじむことができず、「こんなことおかしい、以前は違った」など、周囲との距離を自ら作ってしまうという、看護師の転職における典型的な事例ともいえるでしょう。

自分が勤務していた病院の良しあしを、転職してみて改めて知ることは残念なことでもあります。隣の芝生は青いということわざがありますが、自ら勤務している場所を退職するまでの必要が本当にあるのかを冷静に考えた上で、転職する必要があるでしょう。

別の事例としては、人間関係による転職です。もちろん窮屈な人間関係は仕事を円滑に行うことを阻害する要因にもなります。厳しい先輩がいる、意見の合わない上司がいるということは、どの病院や施設でもあることかもしれません。

自らが追いつめられてしまうほど悩んでいるのであれば、自分一人で抱え込まずに、信頼できる先輩や上司、同僚に相談して解決していく方法もあります。

どうしても難しい場合は転職して、人間関係を一新することもできますが、次の職場で確実に気の合う人たちに囲まれて仕事ができるという保証はありません。次回以降、事例を紹介します。

参考になさってください。


看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>看護師転職・ナース転職サイト比較ランキング


看護師・ナースの基礎知識

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師・ナースの基礎知識

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する