トップページ > 看護師・ナースの基礎知識「看護師の生涯賃金・年収はいくら?」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師・ナースの基礎知識

  • 看護師の生涯賃金・年収はいくら?

前回のコラムでは、看護師になるための費用についてチェックしてみましたが、今回は賃金についてご案内したいと思います。

>>>看護師になるための費用はいくら?

看護師の賃金も、勤務場所や役職などによって差があります。こちらもいくつかの事例を紹介していきたいと思います。

・事例1:大学病院(21歳で就職、専門学校卒業、看護師長)

  生涯賃金:2億5千万円〜3億円

・事例2:大学病院(22歳で就職、大学卒業、看護部長、副院長)

  生涯賃金:3億円〜

・事例3:民間病院(21歳で就職、専門学校卒業、看護課長)

  生涯賃金:2億〜2億5千万円

看護師の場合、基本的には転職してステップアップしていった方が、生涯賃金が高くなる傾向があります。

一方で、退職金のことを考慮すると勤務継続年数が大きく影響してきますので、転職するのも、同一の場所で勤務し続けるのも賃金の面では、どっちもどっちと言えるでしょう。

ROI(Return On Investment)とは、投資した資本に対して得られる利益の割合をさします。

看護師をROI、すなわち資格を取得するために投資した金額と、資格を取得してから生み出す利益で考えると、私立大学が最も投資額が高額になりますが、2年勤務すれば回収できてしまうということになります。

公立系の専門学校であれば、数力月で投資金額は回収できることになります。

また、看護師ではない一般企業における生涯賃金平均と比較しても、大学や大学院を卒業した女性が2億5千万円程度、専門学校や短大卒業の女性が2億1千万円程度ということですから、管理職を経験した看護師の生涯賃金は、一般の女性に比べると高いということが分かります。

参考になさってください。


看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>最新の看護師転職・ナース転職サイト比較ランキングはこちら


看護師・ナースの基礎知識

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師・ナースの基礎知識

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する