トップページ > 看護師・ナースの基礎知識「アメリカで働く看護師:看護師の心配ごと」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師・ナースの基礎知識

  • アメリカで働く看護師:看護師の心配ごと

アメリカ(カリフォルニア)で働く看護師に実際に行ったアンケートや、インタビュー結果を紹介します。

アンケートはカリフォルニア州にある、SHARP病院・USCメディカルセンター・USLA病院・カイザー病院に勤務する看護師29名に実施しました。

・質問5:看護師の心配ごとは何ですか

この回答はアメリカの看護師をとても特徴づけています。

勤務をしている中で看護師としての心配は、常にさらされる訴訟に対する恐怖です。

看護師個人を訴えるケースも多いため、ミスをおかせば看護師としての資格が剥奪される可能性が高いので、かなり神経を使います。

また、伝染病の脅威に対しては感染症対策が不十分であると考えている看護師も多いです。

感染について多くのノウハウがあると考えていただけに、ノウハウだけでは防ぎきれない現実の脅威があると知りました。

少数意見として、十分なスタッフが確保できていないことへの不安や、業務を完璧に遂行できているかどうかを不安に思うという話も聞けました。

参考になさってください。


看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>看護師転職・ナース転職サイト比較ランキング


看護師・ナースの基礎知識

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師・ナースの基礎知識

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する