トップページ > 看護師・ナースの基礎知識「看護師のROIは高い?低い?」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師・ナースの基礎知識

  • 看護師のROIは高い?低い?

ROIとは投資した資本に対して得られる利益の割合をさします。

ビジネスの世界では、企業の事業や資産、設備の収益性を測る指標として一般的なもので、投資に見合った利益を生んでいるかどうかを判断するための重要な指標となるも のです。

これを職業で考えてみます。投資するということは、その職業に就くために必要な費用と置き換えられます。

すなわち看護師になりたいと思ったら、まず看護師養成校に行き、卒業して国家試験を受験する必要がありますので、そのために必要な費用を投資と考えます。

同じ医療職であっても、医師と薬剤師は大学教育6年制が定められていますので、看護師と違い、さまざまなルートがあるわけではありません。すると必然的に最低取得必要経費は高くなります。医師になるには費用は取得年数も看護師とは大幅に違います。

具体的には以下の通りです。

・私立2,000万〜6,000万円
・国公立300万円〜

弁護士と比較してみましょう。大学を卒業するまでにかかる費用は以下の通りです。

・法学部私立600万〜800万円
・国公立200万円〜

看護師と大して変わりませんが、国家試験の合格率は大幅に違います。看護師の国家試験合格率は90%以上ととても高いものですが、司法試験の合格率は25%ととても低く、大学を卒業してから何年もかけて司法試験にトライするという方は少なくありません。

看護師養成校を卒業するとほとんどの人が国家試験に合格しますが、法学部を卒業したという事実だけでは、司法試験に合格できるというわけではありません。よって大学で法学の勉強をするのに必要な学費以外に、司法試験に合格するまでの費用が必要になってくるようです。

看護師のROIが高いことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

参考になさってください。


看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>最新の看護師転職・ナース転職サイト比較ランキングはこちら


看護師・ナースの基礎知識

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師・ナースの基礎知識

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する