トップページ > 看護師・ナースの基礎知識「アメリカで働く看護師:残業+勤務時間」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師・ナースの基礎知識

  • アメリカで働く看護師:残業+勤務時間

アメリカ(カリフォルニア)で働く看護師に実際に行ったアンケートや、インタビュー結果を紹介します。

アンケートはカリフォルニア州にある、SHARP病院・USCメディカルセンター・USLA病院・カイザー病院に勤務する看護師29名に実施しました。

・質問8:週に何時間勤務しますか(残業含め)。

質問6において、看護師人員不足や残業についての意見が多かったですが、実際に質問8で、一週間当たりの勤務時間を聞くと、週30−40時間の勤務と答える看護師が大半でした。

今回は常勤の看護師へのインタビューであるため、この勤務時間を見る限りでは、看護師不足とは言えないように感じますが、それは日本の現場に慣れてしまったがゆえの意見なのかもしれません。

看護師の勤務時間は週38−40時間が平均的で、集中力が持続するには、この時間が精一杯だという意見も聞かれました。

時間内で仕事を終了するということも重要視されています。

参考になさってください。


看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>看護師転職・ナース転職サイト比較ランキング


看護師・ナースの基礎知識

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師・ナースの基礎知識

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する