トップページ > 看護師・ナースの基礎知識「看護師の就職先の探し方」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師・ナースの基礎知識

  • 看護師の就職先の探し方

看護学生にとって、大学病院、国公立病院、民間専門病院、療養施設など就職先となる施設はたくさんあります。

おおよそ自分の方向性が決まったら、次は具体的な施設を探すことになります。

ホームページや、病院等の医療施設が紹介されている雑誌などによって、施設の情報を取得することができます。

この時点では一つの施設に決定する必要はありませんので、自分の方向性に合うと思われる施設いくつかに連絡をとってみましよう。連絡は人事部や採用担当部署が記載されていると思いますが、もし分からなければ病院に連絡し、就職を希望している看護師もしくは看護学生であることを伝えれば、採用担当部署へつないでもらうことができます。

施設によっては、就職説明会や病院見学会を開催している日程が決まっているところもありますので、日程に合わせて施設を訪問してみましょう。

訪問時に就職試験や、面接が行われることもあります。事前に訪問時に必要な物品は確認しておきましよう。

近隣施設が合同で就職説明会などのイベントを開催することがあります。主催は人材紹介会社や新聞社などさまざまですので、告知方法も主催者によって異なります。

最近では看護師養成校にイベントのお知らせが配布されることもありますので、確認しておくとよいでしょう。

このイベントでは、一つ一つ施設を訪問する必要がなく、一箇所に多くの施設が集まっているため、一度に興味のある施設の話を直接聞くことができるというメリットがあります。イベントで興味を待った施設に、後日連絡を取り、実際に施設訪問を行うことにつながったり、イペントで看護部長の話を聞いて就職先を決めたという人もいますので、貴重な機会とも言えるでしょう。

卒業生が勤務している施設であれば、直接先輩から施設の状況を聞くこともでき、就職説明会とは違った生の情報によって就職先を決めることができます。また、就職課がある学校であれば、いくつかの施設の中から卒業生が一番多く就職している施設を教えてもらうことも可能な場合がありますので、卒業生との人脈を活かした就職先探しができます。

また、ほとんどの人材紹介会社は無料で施設を紹介してくれますので、人材紹介会社に情報を提供している施設の中から、それぞれの希望に合わせて就職先を紹介してもらいましょう。特に費用を気にすることもなく自分の適性を相談しながら就職先を決定することができるでしょう。

参考になさってください。


看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>看護師転職・ナース転職サイト比較ランキング


看護師・ナースの基礎知識

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師・ナースの基礎知識

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する