トップページ > 看護師の目標設定「看護師のズレた目標/看護師経験10年Dさん(2)」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師の目標設定

  • 「看護師のズレた目標/看護師経験10年Dさん(2)」

前回からの続きです。

・改善のためのステップ

目標菅理におけるNGワードを示しながら、目標管理についての基本的な考え方を説明します。

そして、「具体的にDさんは何をするのか」を聞き出していきます。たとえば1つ目の目標の教育であれば、新人看護師を直接指導するのはプリセプターなので、新人教育の仕組みがあるのであれば、そのなかのどの役割をDさんに与えるのか、または仕組みがなければその仕組みづくりをしてもらうかということを考えます。

3つ目の目標の稼働率については、稼働率の責任をリーダークラスのスタッフに負わせることはできないので、稼働率の向上につながることを考えます。

病棟のなかでできること、他部署と連携してできることを一緒に考え、そのなかから実現可能なものを導き出します。

一方、2つ目の目標で病棟の問題点をあげてきていますから、その問題点を真摯に聞きましょう。

どのような環境が働きやすいととらえるかは人それぞれです。たとえば残業が多くて働きづらいと感じているなら、どうしたら残業が減るかを一緒に考えて、環境改善のための仕組みづくりなどを目標に設定していけるとよいと思います。

(続く)

参考になさってください。


看護師の方が転職したい!と思ったら。

>>>最新の看護師転職・ナース転職サイト比較ランキングはこちら


目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の目標設定

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する