トップページ > 看護師の目標設定「看護師のズレた目標/看護師経験15年Fさん(1)」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

看護師の目標設定

  • 「看護師のズレた目標/看護師経験15年Fさん(1)」

学会認定の臨床輸血看護師で、看護師経験15年のFさんが立てた目標

−−−

1.スタッフの課題に積極的に関わる、課題達成できるように援助する

・研修終了後、参加者が自ら事後課題が見出せるよう関わる

・参加者の課題を一緒に考える

・スタッフと課題達成に向けての関わりを一緒に考えサポートできる

2.学会認定臨床輸血看護師の役割を明確にし、活動できる

・輸血の手順を作成する

・輸血実施での困っていることを明確にし、改善策を考える

・院内、部署内の学習会を開催する

・院内研修会の参加

3.EBNに基づいた看護が提供できる

・がん看護の知識、技術が習得できる(マニュアルを熟知する)

・研修会の積極的な参加、ステップ2に参加、自己学習、(7月、9月、10月、11月、12月、1〜3月)指導

4.業務改善に取り組むことができる

・リーダー会メンバーとともに時間管理、スマー卜な仕事の仕方を考える

−−−


ここまで何度か出てきましたが、1つ目の目標の「援助する」や「サポート(支援)」という言葉はNGワードです。

これらは「相手に対してどうするか」という内容になり、主体的な目標ではありません。

また、「積極的にjという言葉は、気持ちや取り組み姿勢を表すもので、達成度を測ることができません。

2つ目の目標の「〜できる」も能力を表す言葉なのでNGです。「役割を明確にし、活動する」ことによって、どんな成果を出すのかを考えてもらう必要があります。

目標の3つ目と4つ目は自己研績に関する目標となっているので、ここでは除外してもよいかと思います。

(続く)

参考になさってください。


看護師の方が転職したい!と思ったら。

>>>最新の看護師転職・ナース転職サイト比較ランキングはこちら


目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の目標設定

目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する