トップページ > 主任看護師入門「ナイチンゲールから続く「看護管理」のツボ」

時代は変わり、他の職業と同様、看護師の世界においても転職が普通になりつつある点は良い傾向ですね。今までは何か違和感を感じても、耐えるか、あるいは辞めるかしかなかったところ、そこに「職場を変える」という選択肢が出てきたのです。貴重な人生の貴重な時間を費やすわけですから、やはり、納得ができ、やりがいが感じられ、「ありがとう」という言葉が聞ける職場で働きたいものです。

主任看護師入門

  • 「ナイチンゲールから続く「看護管理」のツボ」

ナイチンゲールは150年も前に、「看護覚え書」を著しました。

「看護覚え書」の中で「看護管理」について書いている部分を読んでみると、「師長元気で留守がいい」といったスタッフの言葉が看護管理の本質を言い表していることがよくわかります。ナイチンゲールの言葉を抜き書きしておきましたが、一言一言がズ バッと本質を突いているのに驚かされます。

誰でもわかる当たり前のことが書いてあるのですが、その当たり前のことが夢中に仕事をしていると、つい忘れられてしまうことがあるのです。ですから、何か違うような気がする、これでいいのかなと思った時には、これらの言葉を思い出してみてください。

これらは看護管理のツボなのです。ここでは、特に次の言葉について解説します。

・責任者は誰もつぎの簡単な自問を頭に入れておこう。それは(どうしたらこの職務をいつも自分の手で果たせるかという自問ではなく)、この職務がいつも果たされているようにするために、自分がどのような準備をすることができるか、という自問である。

・「責任を持っている」ということは、単に自分自身が適切な処置を行うだけでなく、他の誰もがそうするように手筈を整える、という意昧である。

・それは、すべてを自分で切りまわすことでもなければ、大勢の人聞に職務を分担させることでもなく、各人が自分に定められた職務を確実に果たせるようにすることを意味している。

・ひとつの組織体にとって最も肝心なことは、その中の誰もが他者の仕事を妨げないで、他人の仕事を助けながら自己の仕事を遂行することなのです。

・他人を統率するには、まず自分自身を統率すること、これが第1の条件であることはいうまでもありません。自分の面倒も見られないで、他人の世話ができるはずがありません。第2の条件は、自分を何かに「見せかけよう」とあがいたりしないで、「ありた い姿」に「ある」ように努めることでしょう。

・絶えず自分のことばかり考えている人が、つまり、自分がどんなふうに見えるかとか、他人にどんな影響を及ぼしているかとか、自分のことを他人がどう思いどう評しているかなど、そんなことを考えている人が、何かについて他人を監督するなど、思いもよらないことなのです。


<責任者は誰もつぎの簡単な自問を頭に入れておこう。それは(どうしたらこの職務をいつも自分の手で果たせるかという自問ではなく)、この職務がいつも果たされているようにするために、自分がどのような準備をすることができるか、という自問である。>

これは、日常的なことも、いざという時のことも、責任者自身が直接どう対応するかを考えるのではなく、責任者がいてもいなくても同じように職務が果たされるよう準備しておくにはどうしたらいいか考えるのが責任者の仕事です、ということですね。

<「責任を持っている」ということは、単に自分自身が適切な処置を行うだけでなく、他の誰もがそうするように手筈を整える、という意昧である。>

<それは、すべてを自分で切りまわすことでもなければ、大勢の人間に職務を分担させることでもなく、各人が自分に定められた職務を確実に果たせるようにすることを意味している。>

責任を持っているということは、「いつも職務が果たされるように準備すること」や、「誰もがそうするように手筈を整える」ことであり、それは「各人が自分に定められた職務を確実に果たせるようにすること」だと言います。

ここでは、「自分に定められた職務」のところが重要で、師長や主任の仕事は何であるか、自分の職場ではどのように定められているか(業務規程)、まずこれを確かめることから始めてみましょう。

施設によってはまれに、「こんなこと誰もできない!」と思うようなことが書いてある場合がありますが、たいてい業務規程というのは、誰が見てもわかるような単純なことが書いてあるはずです。

自分の頭の中にある勝手に思い込んだ「師長としての業務」「主任としての業務」や、スタッフが勝手に期待する「師長としての業務」「主任としての業務」に振り回されることはありません。

まずは、業務規程を確認して仕事をすることです。仕事というのは、業務規程に沿って業務をすることですから、自分の業務がどのように定められているか見ておくのは当たり前のことですし、スタッフに示しておくことも重要です。業務規程が現状に合わなかったら、変えていけばいいのです。

(続く)

参考になさってください。

(福祉系大学准教授)

看護師の方が転職したい!と思ったら。

>>>最新の看護師転職・ナース転職サイト比較ランキングはこちら


目次

トップページ
看護師転職サイト比較
看護師の転職事情コラム
看護師転職コラム
看護師・ナースの基礎知識
看護師の目標設定
主任看護師入門

口コミを投稿する